ハミルトン・ノーウッド分類をざっくり解説

ハミルトン・ノーウッド分類

AGAの診断基準ともなる、ハミルトン・ノーウッド分類の法則についてまとめました。

額の生え際から薄毛が進行する、いわゆるM字はげタイプや、頭頂部のつむじ周辺から進行していくO字、前頭部から進行するU字など、AGAの進行にはいろいろなパターンがあります。

自分のAGA進行速度はどこまでいってるのか?今の状態に合った改善方法を見つけることが、もっとも効果的なAGA治療になります。

ちなみに、AGAでいう1型・2型といった表現は、ハミルトン・ノーウッドの他にもう1つあります。

5αリダクターゼの1型・2型については、こちらの記事をどうぞ。

関連記事

AGAには1型と2型があり、そのタイプによって効く薬が違います。 日本人に多いAGAのタイプは2型であり、効果が高いのはプロペシア等のフィナステリド成分の薬です。 1型に当てはまる人は、ザガーロ等のデュタステリド[…]

AGAの種類

ハミルトン・ノーウッド分類とは

AGAの進行速度を、Ⅰ型・Ⅱ型…とステージごとに分類するのが「ハミルトン・ノーウッド式」です。

ハミルトン・ノーウッド分類は、実際の薄毛・脱毛の症例からパターンをもとに作られていて、薄毛がどの程度進行しているのかを知りたい場合には、この分類を用いると判断がしやすくなります。

進行速度Ⅰ~ⅢならAGA薬だけでも効果的◎

AGAの進行度合・ステージの段階によって、効果的なAGA治療は異なります。

進行の段階はⅠ型~Ⅶ型で表されていて、数字が大きいほどAGAが進行しているということになります。

  • Ⅰ型:わずかに脱毛、もしくはまだ脱毛が始まっていない状態
  • Ⅱ型:生え際から薄毛の進行が始まった状態
  • Ⅱ型(Vertex型):生え際からの薄毛の進行と、頭頂部が脱毛してきた状態
  • Ⅲ型:生え際から薄毛の進行が目立ってきた状態
  • Ⅲ型(Vertex型):Ⅲ型の状態にプラスして、頭頂部のO字が進行してきた状態
  • Ⅳ型:生え際から頭頂部にかけて、さらに進行した状態
  •  V型:Ⅳ型からさらに進行し、生え際と頭頂部がつながる手前の状態
  • Ⅵ型:V型がさらに進行し、側頭部と後頭部にのみ髪の毛が残っている状態
  •  Ⅶ型:Ⅵ型よりさらに進行してしまっている状態
Ⅰ~Ⅲ型の人であれば、内服薬や外用薬を使うだけでも、AGAの治療効果が出やすいと言われています。

ハミルトン1~3型

画像引用元:東京形成美容外科

ハミルトン・ノーウッド分類の進行具合とAGAの改善傾向を観察したところ、分類が進んでいる人ほど治療の効果があまり出なかったという研究結果があります。

これはAGAが進行するほどヘアサイクルが正常に戻りにくくなるためといわれています。

AGA進行速度別の治療方法

ノーウッド分類Ⅰ型

ハミルトンⅠ型

生え際や頭頂部などで脱毛が始まっていますが、気付かない程度なので、見た目にもほとんど変化がない状態です。

Ⅰ型のAGA対策

  • 育毛剤・育毛シャンプー
  • サプリメント
  • 頭皮ケア

AGA治療は初期の対応も大切。頭皮の環境を整えたり、髪の毛に良い栄養を十分に採って現状を維持するようにしましょう。

ノーウッド分類Ⅱ型・Ⅲ型

ハミルトンⅡ&Ⅲ

AGAが進行していて薄毛が目立ち始める段階です。この頃にAGA薬をはじめると、効果的な改善が期待できるうえ、治療費も安く済みます。

Ⅱ型・Ⅲ型のAGA対策・治療

  •  フィナロイドやデュタステリド、ミノキシジルなどの飲み薬
  • ミノキシジルの塗り薬

ほとんどの人が、この段階でAGA治療を検討し始めるといわれています。

AGAを進行させる元凶の悪玉男性ホルモンの発生を抑えてくれる、フィナステリドやデュタステリドの飲み薬を服用して進行を食い止め、ミノキシジルで発毛を促進する治療が効果的です。

下記ページでは、それぞれの成分でおすすめのAGA薬も提案しています。

ミノキシジル・フィナステリド・デュタステリドの違い

ノーウッド分類Ⅳ型~Ⅶ型

ハミルトンⅣ~Ⅶ

AGAが進行してしまい、最終的に前頭部・頭頂部に髪の毛がほとんど残っていない状態です。

Ⅳ型~Ⅶ型のAGA治療

  • AGA治療薬
  • 自毛植毛

髪の毛が生えなくなって長い時間が経ってしまうと、毛根では毛母細胞自体が休止(ヘアサイクルが終了)してしまいます。

そうなるとAGA薬だけで改善することが難しくなり、自毛植毛などと組み合わせることが必要になります。そのため治療費も高額になります。

ハミルトン・ノーウッドの診断結果は医師により異なる

ハミルトン・ノーウッド分類は、AGA治療のおける薄毛の重症度を評価するために医師によって定期的に使用されますが、診療する医師によって測り方や結論が異なる場合があるため、あまり信頼できるとは見なされていないという意見もあります。

ハミルトン・ノーウッド分類は、男性型脱毛症=薄毛の進行度の段階を分類するために、皮膚科のAGA外来やAGA専門クリニックなどで使用されます。

ハミルトン・ノーウッドの法則では、ステージ1から7までの番号で分類されます。ノーウッド・ハミルトン分類、ノーウッド分類とも呼ばれます。

この測定尺度は、1950年代にJames Hamiltonによって最初に導入され、その後1970年代にO’Tar Norwoodにより改訂および更新されました。

若い人ほどAGA治療がよく効く

AGAは進行すればするほど、薬が効きづらくなります。

年齢が上がればそれだけAGAが進行度合いも上がりますから、同じ治療をしても、若い時に開始した場合よりも効果が出にくくなると考えられます。

AGAがなかなか改善されないのは、毛根のヘアサイクルが大きく関係しています。

AGAとヘアサイクルの関係

髪の毛は、成長期→退行期→休止期…のヘアサイクルを繰り返しています。

AGAになると成長期の期間が短くなり、髪の毛が成長しきれなくなります。その結果、細くてコシのない髪の毛が増えてしまうことになるのです。

AGAがどんどん進行してしまうと、フィナステリドなどの悪玉男性ホルモンが増えるのを抑えてくれる薬を使っても、ヘアサイクルの期間が元に戻りづらくなります。

なぜなら、毛根の働きが完全に失われる=死んでしまう場合もあるからです。

毛根から生えてくる回数は決まっている

10代から60代の日本人の男性約900名を対象に、5年間にわたりフィナステリドを服用した場合の効果を観測した研究があります。

この研究によって、若い人の方がフィナステリドの治療効果が出やすかったとういうことが明らかになっています。

日本人903名を対象に、AGAの治療薬であるフィナステリドを投与した研究があります。~中略~41歳以上の方よりも18~41歳に該当する方の方が、フィナステリドでの治療効果が出やすかったのです。
引用元:はなふさ皮膚科/AGAのタイプ別進行パターン

カウンセリングについて

AGA治療をしている病院やクリニックはどこにでもあります。治療費も想像している程高額にはならないので、一先ずカウンセリングに行ってみましょう。

何ひとつ行動に出るわけでもなく「自分はハゲる家系に生まれてきたのだ」と投げ打ってしまうのは早計ではないでしょうか?このご時世AGA治療をやってもらえば、薄毛は十分食い止めることができます。

病院やクリニックに出向くのが難しい人は、通販でも取り寄せられるAGA薬を試してみてください。処方箋も必要ありません。

AGA薬は毎日飲むのが基本ですが「気の緩みが生じて飲み忘れた」という場合は、そのまま服用しなくても問題なしです。なぜかと言えば、プロペシアは「摂れば摂るほど効果が期待される」というものではないからです。

薄毛で行き詰まっていると言うのなら、諦めるのではなくミノキシジルのような発毛効果が期待できる成分が入っている発毛剤を積極的に利用することを推奨します。

ちなみにミノキシジルは、本当は血管拡張薬として広められた成分ですが、毛の成長を促進する効果が認められるとされ、最近では発毛剤の成分として利用されているのです。

プロペシアもミノキシジルも、効果が認められるまでには日数はかかりますが、頭皮ケア・頭皮マッサージと並行して一年を通じて怠けることなく行なうことが大切です。

始めの内は効果が見られなくても、情熱をもって続けなくてはいけないと覚えておきましょう。

頭皮マッサージは、血液の循環を円滑にし毛根に栄養素を到達させることを可能にするので、とりわけ無駄な金がかからない薄毛対策の一つだと考えられます。

また、日頃より睡眠不足が続いていると、毛周期が異常を来たし成長ホルモンの分泌が減少してしまうので、抜け毛が増加してしまいます。

質の高い睡眠を心掛けるという健やかな習慣は、薄毛対策として一番重要なことだと理解してください。

「普段ベッドに横たわるのは日をまたいでから」といった方は、抜け毛対策として翌日になる前に寝ることを規則にしましょう。規則正しく熟睡することにより、成長ホルモン分泌が活発化され抜け毛が予防できます。

効果が実感できるかどうかわからない市販の育毛剤を入手するよりも、医学的に治療方法が編み出されているAGA治療に頼る方が結果が出る可能性が高いと断言できます。

独力で頭皮ケアに努めようと決心しても、薄毛がかなり進んでいる場合は、医療機関の力を借りる方が良いでしょう。AGA治療がベストです。

AGA薬が効果的かどうかの判別は、せめて半年から一年続けてみなければできないと考えるべきです。髪の毛が生えるまでにはそこそこ時間が掛かるものだからです。

AGA治療に使われるプロペシアは、取り入れてから効果が見られるまでに6カ月程度かかります。最初の何か月間かは効果は感じられませんが、我慢強く摂ることが大事です。

頭の毛が豊富に生えていると、そのことだけでハツラツとした感じを齎すことが可能だと考えます。本当の年齢と同じ程度に見られたいと思っているなら、AGA治療に取り組んだ方が賢明です。

AGAは進行性の脱毛症です。放っておいても自然に治ったり進行が止まったりはしません。改善を望むなら、薄毛に気づいた時点でAGA治療を始めることをおすすめします。